求人情報を閲覧していると、映像制作会社の求人が掲載されている事が良くあります。
しかし、映像制作会社とは、実際にどのような仕事を行う会社なのか想像がつかず、敬遠される方もいると思います。

そこで、「映像制作会社」とは、どのような仕事を行うのか、具体的に説明していきます。映像とはテレビの制作・編集、コマーシャル、インターネットに掲載されている動画やアニメにゲームと映像の種類はたくさんあります。

映像の種類はたくさんありますが、業務においては、大きく分けると、制作系と技術系に分かれます。

制作系は、ディレクターやプロデューサーなど、制作や企画を行う人たちです。



技術系は、映像の編集を行ったり、カメラマンやCGの作成をする方を指します。

NAVERまとめ情報もきっとあるはずです。

制作系は、特別な技術を持っていなくても、その仕事に就けます。

ただし、実力主義の世界ですので、上昇志向の方でないと仕事がつらくなってしまいます。


一方で、技術系は、特別なスキルを必要としますので、専門学校などで知識を学ぶ必要があります。


未経験でも求人に応募する事は出来ますが、事前に知識を身につけておいた方が、スムーズに業務をこなす事が出来るでしょう。

どちらの部門も人に見せる映像を作り出す仕事です。



誰かの気持ちに訴えられる仕事であり、そこが魅力の一つです。

同時に、つらい部分でもあります。
見る人の心に残る映像を制作し、自分の評価をあげていく事が、モチベーションを保つ秘訣でしょう。